日本中医学会

  • お問い合わせ
  • ご利用にあたって
  • 個人情報保護方針


学会の活動


研究会の活動

定期または不定期に行われている恒常的な研究会の紹介欄です。

・研究会名、定期か不定期か、定期のときおの日時、場所、研究会活動の特徴と内容、おおよその会員数、研究会活動の経緯などをご連絡ください。

原稿の送付先: info@jtcma.org


第2回 中日中医臨床経験交流会のお知らせ(主催:御源堂中医薬研究院、後援:日本中医学会)

日時:2017年2月4日(土)17:30~21:00
場所:田中田村町ビル 5階5C会議室(東京都港区新橋2-12-15)
      詳細はこちら

「李世珍の鍼」の「WEB討論方式」による症例検討

「李世珍の鍼」を日本で実践するグループ「李式伝統鍼灸日本実践検討会」がユニークな「WEB討論方式」を導入して、この6月に最初の症例討論を開始した。最初は肩関節周囲炎の症例。43診にわたる長期の症例を克明に紹介し、それに対して、参加者はfacebookを利用して随時意見交換する。下記URLから参照されたい。
      http://www.chuui.co.jp/shu-shi/002421.php

浅川要先生を講師とする愛媛中医学研究会の「特別講座」

日時:平成28年3月13日(日)
場所:愛媛県男女共同参画センター
      詳細はこちら

伝統医療文化国際ワークショップ2015
総合テーマ「中国医学の理論形成―出土簡帛の新証言」

特別講師:張 如 青 先生(上海中医薬大学中医文献研究所教授)
演  題:「出土医学文献整理研究の回顧、現状と展望」
日  時:11月3日(火、祝)、午後13:00~17:30
場  所:京都大学人文科学研究所本館、4階大会議室
参 加 費:無料 学生さんも歓迎
主  催:京都大学人文科学研究所 「東アジア伝統医療文化多角的研究班」
     TEL:075-753-6983 FAX:075-753-6903(共用)

会場は、今出川通り沿いの京大本部構内北門を入ってすぐ右手の建物です。以下をご参照ください。
      http://www.chuui.co.jp/shu-shi/002421.php

26年度愛媛中医学研究会主催「特別講座」のお知らせ

日時:2015年3月8日(日)
場所:愛媛県視聴覚福祉センター
      詳細はこちら

福岡百会会で浅川要先生の講演会

日時:2014年8月3日(日)
場所:福岡市鍼灸師会館
      詳細はこちら

愛媛中医学研究会主催「不妊症に対する中医鍼灸治療」講演会のお知らせ

      詳細はこちら

「朱氏頭皮針」の京都講演会リポート


      詳細はこちら http://www.chuui.co.jp/shu-shi/002421.php

「朱氏頭皮針」の著者・朱明清先生が11月にアメリカから来日、25年ぶりに関西で実演と講演の会(東洋学術出版社主催、日本中医学会後援)

日時:2013年11月2日(土)
場所:京都府立総合福祉会館 ハートピア京都
      詳細はこちら http://www.chuui.co.jp/shu-shi/index.php

天津中医薬大学特別講座「不妊治療」が10月6日に神戸で開催されます

日時:2013年10月6日(日)
場所:神戸東洋医療学院
      詳細はこちら

福岡百会会で浅川要先生講演による「脈診」講演会

日時:2013年8月4日(日)
場所:福岡市鍼灸師会館
      詳細はこちら

台湾国際中医薬フォーラムに参加する日本中医学会代表団を募集します

日  程:2013年3月16日(土)〜 3月19 日(火)3泊4日
募集人数:若干名 日本中医学会学会員であることが条件です
募集締切:2013年1月28 日(月)17 時
募集要項は、こちら(日本語)をご覧ください。
      こちら(詳細プログラム)

第11回中医オープン講座のご案内(主催:三旗塾,後援:日本中医学会)

日 程:2013年3月17日(日)
会 場:目黒プリンセスガーデンホテル
講 師:石原克己先生
テーマ:『病の本質と九鍼の理論・実技』
開催の詳細は、こちらのご案内をご覧ください。

愛媛中医学研究会の「特別講座」のご案内

この度、愛媛中医学研究会では、日本の中医学教育の草分け的存在の一人である兵頭明先生をお迎えして2月3日(日)に「特別講座」を開催いたします。先生が取り組んでこられた「認知症」に対する鍼灸の実践は、地方公共団体を含め様々な組織機関と連携して全国的に行われてきました。今日の超高齢化社会での認知症の問題は大変深刻な社会問題であり、先生の取り組みはNHKでも注目され放映されました。この取り組みの中から得られた知見から、認知症を代表とする超高齢社会に対する鍼灸の役割と可能性についてご紹介していただきます。
 日 時:平成25年 2月 3日(日) 10 : 00~15 : 00
 テーマ:『認知症に対する鍼灸治療の実際と全国的取り組み』
      ~超高齢社会における鍼灸の役割と可能性~
 講 師:兵頭 明 先生(後藤学園中医学研究所所長)
 会 場:愛媛県男女共同参画センター 3階 研修室
 参加費:一般 3,000円 学生 1,500円
 後 援:日本中医学会、愛媛県鍼灸マッサージ師会、愛媛県鍼灸師会
 開催の詳細,お申し込みは、こちらのご案内をご覧ください。