日本中医薬学会

日本語 | 中文English

お知らせ

月別アーカイブ : 2024年4月

【 会員の皆さまへ 】年会費納入のお願い

2024.04.12 カテゴリー:お知らせ

平素は本学会発展のために一方ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。

本学会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとなっております。
つきましては、ご多忙中誠に恐縮でございますが、令和6年度(令和6年4月〜令和7年3月)の年会費を4月末までに下記銀行口座に振込をお願い致します。

【 振込先 】
みずほ銀行 烏山支店(カラスヤマ支店) 店番220
普通口座 1108538 日本中医薬学会(ニホンチュウイヤクガッカイ)
※ 手数料につきましてはご負担願います。

【 会 費 】
  正会員・準会員・海外会員:10,000円
          学生会員:5,000円

【 注意事項 】
・ご都合により退会される場合には学会事務局までお申し出ください。

*会員登録情報ご確認のお願い
昨今、学会よりお送りした郵送物が宛先不明で戻ってくる事例が生じております。
住所変更等あった場合には、学会事務局(info@jtcma.org)までお知らせくださいますようお願いいたします。

2024年台北国際中医薬学術フォーラム

2024.04.11 カテゴリー:お知らせ

第94回国医節とともに第16回台北国際中医薬学術フォーラム(16th TAIPEI TRADITIONAL CHINESE MEDICINE INTERNATIONAL FORUM 2024)が、3月16日及び17日に台北市内の台大医院国際会議センターにて開催されました。今回のフォーラムでは66題中、台湾50題、中国大陸8題、マレーシア3題、日本2題、韓国1題、アメリカ1題、フランス1題と各国の専門家による発表が行われました。……

レポートはこちら

第14回学術総会 開催概要

2024.04.03 カテゴリー:最新の学術総会

初掲載日:2024.4.3
更新日:2024.4.5

第14回日本中医薬学会学術総会を下記のとおり開催いたします。
多数のご参加をお願いいたします。

[会 頭]
 加島雅之
 ( 熊本赤十字病院 総合内科 )

[綜合テーマ]
 「中医学の叡智で限界を突破する」

[会 場]
 くまもと県民交流会館 パレア
 ( 熊本市中央区手取本町8番9号 )
  会場詳細はこちら

[会 期]
 2024年10月5日(土) 12:30 ~ 18:00
 2024年10月6日(日) 9:00 ~ 16:00

*懇親会
 2024年10月5日(土) 18:30 ~ 20:30
 会場:Felicia( フェリシア )
    熊本県熊本市中央区水道町1-19
    ヴィラージュビル2F

[参加登録]
 現在準備中

第14回学術総会 会頭挨拶

2024.04.03 カテゴリー:最新の学術総会

ごあいさつ

 

第14回学術総会 会頭 加島 雅之
(熊本赤十字病院 総合内科)

この度、第14回日本中医薬学会学術総会の会頭を仰せつかりました加島です。
 第14回学術総会は2024年10月5日(土)、6日(日)の2日間にわたって、現地の熊本及びweb配信によるハイブリッド形式で開催する予定となりました。どのような参加形式も対応できるように準備する予定ですが、学会の良さは、様々な情報を一度に聴講できるだけではなく、討論や新たな人との交流も大きな魅力であると思います。新型コロナウイルス感染症による社会混乱も落ち着いてきており、是非、現地にお出でいただき、リアルの空気感を共有して頂ければ幸いです。
 さて、今回のテーマは『中医学の叡智で限界を突破する』と致しました。
 中医学を学ぶ意義は様々なものがあると思いますが、その根底にあるのは、2000年という長い時間、東アジア~東南アジアの広大な地域に受け継がれ発展してきた先人の文字通り血のにじむような努力の成果を応用して、西洋医学で解決できない問題に挑戦するということだと思います。
 現在、世界では、伝統的な中医学の方法論に基づくものは勿論、西洋医学との融合を図った中西結合や、様々な角度から周辺科学を応用した臨床や研究が発展してきています。こうした様々な方法論が、現在超えられない問題をどう解決していく糸口を見いだせるか、その成果と今後の方向性について、中国・台湾の専門家を迎え討論して頂きたいと考えております。また、日本の医療環境において、いわゆるコロナ後遺症などのように、西洋医学では解決できていない大きな問題に対して中医学がどのようにアプローチできるかも議論したいと考えております。
 今後、順次、具体的なプログラムの内容や演題の募集をお知らせさせて頂きます。
 皆さま、ふるってのご参加を心よりお待ち申し上げております。

プログラムの内容や演題募集等につきましては、順次お知らせさせて頂きます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

第14回学術総会 ポスター

2024.04.03 カテゴリー:最新の学術総会